食べられないものが出たときのテーブルマナー

食べられないものが出たときのテーブルマナー

コース料理などには、苦手な物がでてくる事もありますね。
好き嫌いはいけません。
なんて意味合いの事は、ここでは、とりあえずおいておきます。
テーブルマナーとしては、食べられない物に対する対処法が、料理のジャンルによって変わります。
懐石料理の場合、でた物は、残さずに食べるのがマナーです。
ですが、苦手な食材だったり、満腹だったり、体調不良だったりする事は、誰にでもありえる事です。
どうしても無理な場合は、その理由を話して謝り、許して貰います。
でてきた時点で伝えるというのは、懐石料理がどんな料理が振る舞われるかが、事前に予測できない性質の物だからです。
量も内容も、自分では解らないので、ある意味、多少このような事があるのは、仕方のない事なんです。
ですが、フランス料理の場合は違います。
コース料理は、事前になにがでるかが解りますよね。
なので、オーダーの時点で、嫌いな物は伝えておくのがマナーです。
少食で、食べきれないと予想できる時も、その旨を事前に伝えておきます。
もし、予期せぬ事態で食べられなくなったら、同席者が食べ終わるのを待ち、下げて貰う時に、理由を伝えましょう。
オーダー時に伝え忘れた場合も、その時点でいうのではなく、手を付けないで、下げる時にいうのがマナー。
フランス料理では、物を残すのはマナー違反ではありません。

ただ、サービスする側が、料理や対応に問題があったのでは?
と心配しないように、人として、最低限の気配りは必要という事です。

関連ページ

フランス料理のテーブルマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
テーブルマナーとナプキン
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
テーブルマナーも気にしすぎない
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
テーブルマナーの違反例
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
ワインを飲むときのマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
フォークの背にご飯をのせる?
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
隣の席の料理が美味しそう
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。