ワインを飲むときのマナー

ワインを飲むときのマナー

ワインは一人で飲むのも美味しいですが、みんなで飲むと一層美味しいですよね。
そういったときのためにワインに関するマナーを知っておくといいと思います。
まず初めに、ワイングラスはとても繊細です。
乾杯の時にワイングラス同士を合わせるのは望ましくありません。
高級グラスでは割れてしまう可能性があります。
「目の高さまでワイングラスを持ち上げてアイコンタクトをする」これがいいでしょう。
ワイングラスはステム部分を持ちます。
次にワイングラスに注ぐワインの量ですが、大体3分の1〜2分の1くらいがいいです。
注いでもらう時にワイングラスを持ち上げる必要はありません。
テーブルの上に置いておき、注いでもらうのがいいでしょう。
高級レストランではソムリエが常に目を配ってくれます。
相手にお酌するタイミングとしては、少し残っている時が良いと思われます。
ワインボトルは重いのです。
男性がいれば、男性に任せてもいいかもしれません。
ワインと言えばテイスティングです。
まずはワインを確認してから、匂いや味を確かめましょう。

この場合、嗅覚や味覚を妨げるようなものは極力控えることが必要です。
ワイングラスを手に取り、2〜3回ゆっくりと静かに内に回して香りを楽しみましょう。
高級レストランではマナーを気にした方がいいですが、気軽なお店で、仲間内でワインを楽しむ場合はあまり気にすることはないと思います。
楽しくワインを飲みましょう。

関連ページ

フランス料理のテーブルマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
テーブルマナーとナプキン
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
テーブルマナーも気にしすぎない
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
テーブルマナーの違反例
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
食べられないものが出たときのテーブルマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
フォークの背にご飯をのせる?
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
隣の席の料理が美味しそう
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。