香水のマナー

香水のマナー

特に女性であれば、香水を使用している人は多いと思います。
通りすがりにふわ〜といい香りが漂ってきて、その人の清潔感を感じさせますよね。
しかし一歩間違えれば、周囲の人にとっては全く不快な物となってしまう場合があるので、注意が必要です。
昔、香水を付ける場所としては手首や、首筋がいいと思っていました。
しかし、これは場合によっては匂いがきつくなってしまうことがあるそうです。
オススメの場所としては足首が良いそうです。
足元から全身に香りが広がるというわけです。
汗をかきやすい場所も、匂いが変化する場合があるのであまりオススメできないとのことです。
香水は付け過ぎたり、又は匂いのきついものを使用すると、周囲の人に不快感を与えます。
同じ香水を毎日付けていると、匂いに麻痺して、つい付けすぎたりしがちです。
量は日頃から抑えて付けるべきです。
あまりにもきつすぎる匂いのために周囲の人が気分を悪くすることもあります。
場合によっては吐き気を催す人もいるくらいです。
くれぐれも量は控えましょう。
特に混雑する満員電車に乗る場合は注意が必要です。
また、香水を控えていった方が良い場合もあります。

お葬式や、病院のお見舞いでは極力控えるのがマナーです。
香りを楽しむような食事会でも極力控えます。
山登りなどの自然なアウトドアでは、香水の種類によって、蜂などの虫を呼び寄せることもあります。
マナーを守って、素敵な香りを楽しみましょう。

関連ページ

お見舞いに行くときのマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
旅館・ホテルでのマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。