お見舞いに行くときのマナー

お見舞いに行くときのマナー

病気や怪我で入院している方々へのお見舞いに行く際に気をつける点について書きたいと思います。
相手との間柄によっては飛んでいきたい場合もあるでしょう。
もちろん、近い身内であれば、その必要があります。
しかし、そうでない場合は逆に迷惑になってしまうことも多いでしょう。
相手の方の状況をよく考えてタイミングを計る必要があります。
まず、入院直後は慌ただしく、状態もよくないことが多いので、避けた方が無難です。
また手術直後も出来る限り避けましょう。
事前に相手の方や、ご家族の方に連絡を取って、お見舞いに都合の良い時間をきくようにします。
病院の面会時間も確認しておく必要があります。
早すぎる時間や遅すぎる時間は避けましょう。
大人数で行ったり、小さい子ども連れだと、騒々しくなり、もしも大部屋に入院している場合は他の入院患者さんの迷惑になることもあります。
あまり長居するのも厳禁です。
そういった配慮は心掛けましょう。
お見舞いに贈る品ですが、花や果物が一般的ですよね。
しかし、気をつけて欲しいのは、食事制限されている場合もありますし、花に関しては花粉アレルギーを持っているかもしれません。
相手の方になくとも同室の入院患者さんにアレルギーがある場合もあります。

大部屋では花は避けた方がいいと思います。
また花を贈る場合、鉢植えはタブーです。
病院に根付くという意味があります。
お見舞い金として現金を贈るのであれば、相手との関係により3千円〜1万円の間が相場のようです。

関連ページ

旅館・ホテルでのマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
香水のマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。