洋食のテーブルマナーは基本

洋食のテーブルマナーは基本

洋食のテーブルマナーはテーブルマナーの中でも基本中の基本になります。
洋食のテーブルマナーは身につけておいて損はないと思いますし、社会にでて恥をかかないためにも洋食のテーブルマナーはしっかりと身につけておきたいものですね。
洋食のテーブルマナーでまず私たちが迷ってしまうのは、フォークとスプーン、ナイフの多さに迷ってしまうかも知れません。
基本的に洋食のテーブルマナーとしては食べる者の順番によって外側から使っていくのが基本です。
コースの料理というのはだいたい出てくるものが決まっていますから、その順番通りに外側からナイフとフォークを使っていくのが洋食のテーブルマナーです。
もしも食事を途中で中断するという場合うには、ナイフとフォークは、ハの字にして、お皿の上に置くのが洋食のテーブルマナーです。
揃えて片側においてしまうと、もう食事をしないという意味になって、食べ終わったということになります。
洋食のテーブルマナーとしては、もしもお腹がいっぱいでもうこれ以上食べることができないという場合には、見た目に見苦しくないように、きちんとお皿のすみに残っているものを並べておくのが一般的な洋食のテーブルマナーになっています。
もしも洋食のテーブルマナーを間違えてしまって使う順番を間違えてしまったら、お店の人に間違えたことを伝えて新しいものを持ってきてもらえばいいのであわてる必要はないと思います。
洋食のテーブルマナーは基本なので必ず身につけたいですね。

関連ページ

洋食のテーブルマナーの注意点
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
和食のテーブルマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
中華のテーブルマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。