洋食のテーブルマナーの注意点

洋食のテーブルマナーの注意点

結婚式や、ちょっとした御呼ばれの席では、やはり「洋食」、特に、フランス料理が振る舞われる事が多いですよね。
そういった料理を戴いた事がある方ならご存知でしょうが、ナイフにフォーク、スプーンと、なんでこんなに必要なのかと聞きたくなるほどに、たくさんセットされています。
そして、お皿の上にはナプキン、綺麗に並んだグラス、慣れ親しんでいなければ、この雰囲気だけで緊張はピークです。
ですが、マナーは実に単純。
覚えてしまえば簡単です。
まず、ナプキン。
気になりますよね。
これは、主賓が乾杯の後に広げたら、触って大丈夫です。
2つ折りにして膝の上に置いてください。
この時、折り目がお腹にくるようにしてくださいね。
口や手は、この内側で拭いてください。
そして、ナイフなど。
これは、外側から使うと覚えておけばいいでしょう。
ただ、落とした際は、自分で拾ってはいけません。
ウェイターに声をかけましょう。
そして、食事中はハの字に、食べ終えたら2つ揃えて刃を手前に置いてください。

そうすると、ウェイターは食べ残していても、どちらなのか判断しやすいです。
後は、主賓にならって食べ進めれば、大抵の場合大丈夫でしょう。
最後は、ナプキンを適当にたたんで退席すれば、OK。
ここで注意するのは、きっちりとたたまない事。
料理や店に嫌悪感があるという意味合いになってしまうので、品が残る程度に雑においてください。
細かなマナーまで挙げるとキリがないですが、このくらいの事が解っていれば、ほぼ問題ないでしょう。

関連ページ

洋食のテーブルマナーは基本
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
和食のテーブルマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
中華のテーブルマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。