中華のテーブルマナー

中華のテーブルマナー

中華料理には、日本料理やフランス料理などと同じように、テーブルマナーが存在します。
お箸に慣れ親しんだ日本人には、中華料理は親近感の湧く料理かもしれません。
中華料理は他の料理とは少し違い、目上の人を尊重する意味合いのマナーが多くあります。
ですので、食べ方自体には細々とした決まりはなく、比較的楽に覚えられるでしょう。
取り皿を使い回さない、お皿を持ち上げない、たくさん取り過ぎないなど、単純な物が多いです。
ただし、上下関係をすごく大事にする中国では、日本人にはなんともないような行動でも、失礼になる事がたくさんあります。
目上の方が料理に手を付けていないのに、先に食べ始めてしまう事も、中華料理ではマナー違反になります。
また、お酒についても、捉え方が日本とは違います。
話が変わるごとに、乾杯がありますが、お酒を断るのは失礼にあたります。
料理を洗い流す物として、新しい料理がくると、その度にも乾杯があります。
苦手な方は、初めにその旨を伝えておく必要があります。
また、目上の方に、料理を取り分ける事。
日本では気配りの1つとして、当たり前に行いますが、これもマナー違反です。
料理は目上の方から順に少しづつ、自分で自分の分だけを取ります。
また、この時に立ちあがって料理を取るのも、マナー違反なので、気を付けましょう。
この点に注意さえすれば、基本的にはおおらかな雰囲気が特徴な中華料理。

特に堅苦しいマナーはありません。
料理と会話を、ゆったりと楽しんでください。

関連ページ

洋食のテーブルマナーは基本
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
洋食のテーブルマナーの注意点
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。
和食のテーブルマナー
テーブルマナーは普段から意識することはあまりありませんが、パーティや披露宴に出席した際にもっとしっかり知っておくべきだった、なんて思ったことはありませんか?そういった場面で恥をかかないためにも、一度テーブルマナーについて学んでおきましょう。